【装着テスト】汎用セーリングキット「ライトセール 1.0」、パドルコースト「ナギ」への装着

(カヌーワールドの好評連載中の「トランスポーター専科」、次号は、日産・ラシーンに乗る金子さんを取材させていただいたのですが、同時に私がプロデュースした汎用セールキット、「ライトセール1.0」を購入され、ご自身がお持ちのファルトボートやシーカヤックへの装着状況について、レポートをいただきましたので、まずは本ブログにて簡単に紹介させていただきます)

続いて、パドルコーストの「ナギ」。
このカヤックは長距離ツーリングというよりも、ワンデイ、もしくは一泊くらいのコーストツーリングに適した船ですが、オーナーの金子さんによると以下の通り。


ラダー無し、スケグ仕様なのであまりセーリングの想定はしてないですが、私の所有艇の中ではいちばん乗りやすくて出番が多いです。

マウントベースの幅が合う部分に取り付けるとハッチの上にきます。
そして天端は隙間ができます。でも、下に回すベルトでしっかり固定されています。
マストを倒すとコックピットの後ろ側まで行きます。
斜めに倒れる角度がきついのでマウントベース部分に無理がかかっていそうです。
(コックピットに近いので角度が急です。)

ナギも5.15mあるので長いカヤックですが、バウから幅が狭い部分が長いのでマストベースが後ろに行ってしまいますね。
クルーソー以外に色々使うとなるとカヤックの幅とハッチの位置に左右されそうです。
スペーサーをかませば高さの調整はできますから。

ルータスとナギ用で幅の狭いマストベースを特注させてもらえると色々使えそうです。
・・・・・・・・・・・・・
とのこと。
マストベースは相談に応じるとのことなので、バタフライカヤックスのファルトボート以外の方は(バタフライのオーナーさんでも)、ぜひ取り付ける予定のカヤックを知らせるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です